時短&効果的!主夫(主婦)が実践する秋のお掃除裏ワザ

秋の掃除

はじめに:秋の掃除の重要性

日に日に肌寒さが強くなり、季節はすっかり秋ですねえ。

しかし、この季節の変わり目は、家の中の湿気ダニの増加という問題を引き起こす可能性があります。

特に、窓や網戸の掃除は、新しい空気を感じるのに欠かせません。

また、秋の日差しは掃除に最適です。陽の光を利用して、布団やカーペットを天日干しすることで、ダニや湿気を効果的に取り除くことができます。

このように、秋の掃除は、次の季節を快適に過ごすための大切なステップとなります。

さらに、秋の掃除を行うことで、冬の寒さを快適に過ごすための下準備もできます。

例えば、エアコンのフィルター掃除や、扇風機の羽根の掃除など、夏の終わりには特に行いたい掃除のポイントがあります。

特に冷房を使う季節が終わって次の暖房の季節まで、頑張ってくれたエアコンを放ったらかしにせず、きちんとお手入れをしてから休ませましょう。

1.フィルターの掃除

  • エアコンのフィルターは、定期的にホコリや汚れが溜まるため、掃除が必要です。
  • フィルターを取り外し、掃除機でホコリを吸い取った後、水で洗い、しっかりと乾燥させてから元の位置に戻します。

2. エアコン本体の掃除

  • 本体にもホコリが溜まることがあるので、柔らかい布で拭き取ります。
  • ※スーパー等で販売されているエアコン専用の掃除スプレーは絶対に使用しないでください。スプレーをした後放置してしまうと、返ってカビを繁殖させたり、黒ずみや悪臭の原因となってしまいます。

3. 室外機のチェック

  • 室外機の周りには、落ち葉やゴミが溜まりやすいので、定期的に掃除しましょう。
  • 室外機のフィン(熱交換器)にホコリやゴミが詰まっていないか確認し、汚れている場合は、掃除機やブラシで掃除します。

4. エアコンの電源をオフにする

  • 長期間使用しない場合は、エアコンの電源プラグをコンセントから抜きましょう
  • これにより、不要な電力消費を防ぐことができます。

5. カバーの取り付け

長期間使用しない場合、室外機にカバーを取り付けることで、雨や雪、直射日光から室外機を守ることができます。

長く使用したい場合は是非実践してみてください。

6. 定期的な動作チェック

長期間使用しない間も、月に1回、エアコンを15分~30分ほど動作させることで、部品の動きをスムーズに保つことができます。

結果としてエアコンを長持ちさせられますよ

秋の掃除の基本:知っておきたいポイント

秋の掃除では、床や壁、天井など、家の各部分の掃除も行いたいところです。

これらの部分をきれいにすることで、家の中が一新され、新しい季節を迎える準備が整います。

時短テクニック1:効果的な掃除の順番

掃除の順番は、作業効率に大きく影響します。

例えば、リビングの掃除をする際には、

  1. まずは天井や壁のホコリを取り除き、
  2. 次に家具や棚の上を拭き、
  3. 最後に床を掃除する

という「上から下」の順番で掃除をすると、効率的に作業を進めることができます。

また、掃除の際には”光”を利用して、見落としやすい汚れをしっかりとチェックしましょう。

キッチンの掃除をする場合は、

  1. まずはシンクやコンロの掃除
  2. 次に冷蔵庫や食器棚の掃除
  3. 最後にの掃除をする

という順番で掃除をすると、効率的に作業を進めることができます

時短テクニック2:主夫(主婦)おすすめの掃除アイテム

掃除の際には、効果的なアイテムを使用することで、時短にも繋がります。

実践!部屋別の掃除裏ワザ

部屋ごとに、掃除のポイントや裏ワザがありますので、ここでご紹介します!

  • キッチンでは、油汚れにはベーキングソーダを使用すると、スッキリとした仕上がりになります。
  • 鍋の焦げ付きは、水とお酢を混ぜて煮立たせると、焦げ付きが柔らかくなり、楽に取れるようになります。
  • リビングや寝室では、カーペットの上にコーヒーの残りかすを散布し、しばらく置いてから掃除機で吸い取ると、気になる臭いを取り除くことができます。
  • マットレスは、数ヶ月に1回、日光に当てることで、ダニを退治し、フレッシュな状態を保てます。
  • 靴の臭いを取るためには、新聞紙やティーバッグを靴の中に入れておくと、臭いを吸収してくれます。
  • ペンのインク汚れは、はんこ台の消しゴムでこすると、驚くほど綺麗に取れることがありますよ。
  • クレヨンでの落書きは、歯磨き粉を少量塗って、柔らかい布で優しくこすると、取れることが多いです。
  • 鏡の水垢はレモンを使って鏡をこすると、簡単に取れてピカピカになりますよ!
  • 鏡を曇りにくくするためには、石鹸を少量手に取り、鏡に薄く伸ばしてから水で洗い流すと、曇りにくくなります。

レモンを使用した水垢の取り除き方

  1. レモンを半分に切ります。
  2. 水垢が付着している部分にレモンの切り面をこすりつけます。
  3. しばらく(約10分程度)放置します。
  4. その後、水でよく洗い流します。

ただし、レモンの酸性は強いので、石材や特定の金属など、酸に弱い素材の上では使用しないよう注意が必要です。

また、効果には個体差があり、特に頑固な水垢にはレモンだけでは取り除けない場合もあります。

その際は、市販の水垢取り剤や他の自然な方法(例:酢)を試してみると良いでしょう。

保護とメンテナンス:掃除後の継続的なケア

掃除後も、家をキレイに保つためのケアは欠かせません。

木製の家具や床は、掃除後に専用のオイルを塗布することで、美しさを長持ちさせることができます。

また、毎日の小さなケアが、次回の大掃除の手間を減らすカギとなります。

例えば、キッチンのシンクは、使用後にすぐに水で洗い流すことで、汚れを防ぐことができます。

まとめ:時短&効果的な秋の掃除の成功へのステップ

今回の記事で、秋の掃除の重要性や時短テクニック、部屋別の掃除裏ワザなど、多くの情報を紹介しました。

これらの情報を活用して、効率的な掃除を行うことで、快適な秋を迎えられるでしょう。

また、日頃からお掃除の習慣を持つことで、以降の掃除も楽に行うことができます。

さらに、掃除の際には、専用の掃除道具や今回紹介した裏技を使用することで、より効果的に掃除を行うことができます。

掃除の小さなコツを押さえておくだけで、家中がいつもキレイに保たれます。

そして部屋がスッキリしていると心まで軽やかになるんです。

日々のちょっとした掃除が、私たちの気分をぐっと明るくしてくれるんですね。

この記事を読むことで、少しでも心に余裕を持って過ごしてもらえたらと思います(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA